坐骨神経痛・足のしびれ

坐骨神経痛

よく出る症状

  • お尻から足へのしびれ、強い痛み
  • 太ももの裏や横が痛む
  • 足の力が入らない感覚
  • 足の感覚が鈍い、ピリピリする
  • 腰やお尻の重だるい痛み

画像の説明

原因

3人姿勢


椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群が痛みの発信源となりますが、これらの原因は以下が考えられます。

  • 生活習慣(長時間同じ体勢、悪い姿勢・睡眠の量と質)
  • 筋力が低下し、姿勢を保持できない
  • 運動不足で肥満ぎみ

これらから骨盤や腰椎にゆがみが生じ、腰やお尻の神経を圧迫し坐骨神経痛に。


治療方法

  • 軽い症状であれば、足や股関節の指圧マッサージから。
  • 慢性的な症状であれば、骨盤や腰椎のゆがみを整えながら指圧マッサージを。

坐骨神経痛は腰・お尻だけを治療しても治りません。原因となる足の治療や骨盤の「ゆがみ・ズレ」を整えて、関節や神経の負担を減らすことが大切。


画像の説明