腱鞘炎/手根管症候群/ひじの痛みの治療

腱鞘炎の原因と治療

腱鞘炎はこのような順で発症します。

  • 1.同じ動作を繰り返す
  • 2.特定の部分(この場合、腕~手首)に筋肉疲労が蓄積する
  • 3.疲労することで、筋肉が硬直(図の①や②の筋肉)する
  • 4.特定の筋肉の腱が腱鞘(図の③部分)と擦れることで腱鞘炎(図の赤い○の部分)を発症

というように【使い過ぎ】が原因であることがほとんどです。

画像の説明



腱鞘炎はこんな方に多いです

  • 子育て中(抱っこ)のお母さん
  • 家事や仕事で手をよく使う方
  • 筋力が弱い方
  • 糖尿病の方(糖尿病による血液の循環不良)


腱鞘炎は当院で解決できます!

  • 「病院では、痛み止めのお薬と注射ばかりで良くならない・・・」
  • 「手術を勧められるけど、不安で悩んでいる」



画像の説明 当院では、お薬や注射に頼らず、腱鞘炎を改善できます!

当院では、腱鞘炎の原因部分(主に腕から手首)に対して、当院オリジナルの治療をしていきます。

  • MS手技療法
  • 干渉波動電流による治療
  • 骨盤・背骨矯正
  • 立体動態波電流による治療
  • 東洋はり灸治療

【今後写真を掲載予定】

※頸椎・胸椎(首や背骨の関節)から出る神経が手や腕に行くので、状態によって頸椎・胸椎からの治療が必要な方もおられます。




手根管症候群の原因と治療

手根管症候群の原因として

  • 1.腱鞘炎(上記参照)の悪化
  • 2.関節リウマチ
  • 3.骨折後の骨変形



が原因で手の正中神経(図の①)を圧迫してしびれを発症(図の②の青い部分)します。

画像の説明


このような症状が出てきます

  1. 手がしびれる・痛む
  2. 手の感覚が変な感じがする
  3. 力が入りづらい


手根管症候群は当院で解決できます!

画像の説明 初期~中期の手根管症候群の場合、当院の治療で改善します。

長期間治らず慢性的な場合は、病院の医師からは手術を勧められると思いますが、手術は最終手段です。まずは一度当院にご相談ください。

治療手段としては、まずは手首の安静(固定)が大切になります。

当院では、手根管症候群の原因部分(主に腕から手首)に対して、当院オリジナルの治療をしていきます。

  • MS手技療法
  • 干渉波動電流による治療
  • 骨盤・背骨矯正
  • 立体動態波電流による治療
  • 東洋はり灸治療

【今後写真を掲載予定】

※頸椎・胸椎(首や背骨の関節)から出る神経が手や腕に行くので、状態によって頸椎・胸椎からの治療が必要な方もおられます。




ひじの痛みの原因と治療

画像の説明

ひじの痛みの原因として

 

  • 1.手や腕の筋肉の使い過ぎ(図の①)
  • 2.変形性肘関節症(加齢とともに出現)
  • 3.肘内障(子どもに多い)
  • 4.野球肘・テニス肘(スポーツ障害)

※成人女性に特に多いのは1・2になります。

スポーツ以外でも、重いものを持ったり、家事をしたり、頻繁に携帯操作・マウスの操作などでも発症します。

つまり手や腕の使い過ぎで、肘の痛みは発症します!


ひじの痛みは当院で解決できます!

画像の説明 当院の治療で、肘の痛みは改善します!

治療手段としては、まずは手や腕の筋肉を安静にするが大切になります。

当院では、ひじの痛みの原因部分(主に肩関節~腕・手首)に対して、当院オリジナルの治療をしていきます。

  • MS手技療法
  • 干渉波動電流による治療
  • 骨盤・背骨矯正
  • 立体動態波電流による治療
  • 東洋はり灸治療

【今後写真を掲載予定】

※頸椎・胸椎(首や背骨の関節)から出る神経が手や腕に行くので、状態によって頸椎・胸椎からの治療が必要な方もおられます。


骨盤矯正・むち打ち専門院の【かがやき鍼灸整骨院】