スポーツ障害/野球肘・肩/半月板/捻挫

スポーツ障害とは

向日市/サッカー/スポーツ障害

特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織(筋肉や腱)や関節を損傷すること。

分かりやすく言えば【使い過ぎ症候群】です。


よく起こるスポーツ障害

  • 野球肘・野球肩
    (ひじの内側や、肩関節の周辺に痛みが出る)
  • テニス肘・ゴルフ肘
    (ひじの内側や外側の骨周辺に痛みが出る)
    野球肘
  • スポーツ膝
    (半月板損傷や前十字靱帯損傷)
  • オスグッド病
    (膝の下に痛みが出る)
  • シンスプリント
    (すねの内側に痛みが出る)
  • アキレス腱炎
    (アキレス腱に痛みが出る)
  • 腰椎分離症
    (腰の骨の疲労骨折で腰痛を引き起こします)
  • 捻挫
    (足首の内反捻挫が最多、肩関節や手関節の捻挫も多いです)

などがあります。

スポーツ障害は当院で解決できます!

  • 病院に通っているけど、電気治療ばかりで良くならない
  • 子どもがスポーツ障害だけど、どこが安心して診てもらえるか分からない

画像の説明 当院では、スポーツ後のケアまでしっかり指導します!

画像の説明 効果的なアイシングの仕方

画像の説明 症状別のセルフストレッチの仕方

画像の説明 運動前・後のケアの仕方

画像の説明 必要な筋肉トレーニングの指導

など、早期回復していただくために全力でサポートいたします。


もちろん治療面もお任せください!

当院では、使い過ぎにより発症したスポーツ障害に対し、万全のサポート体制が整っています。

  • MS手技療法
  • 干渉波動電流による治療
  • 骨盤・背骨矯正
  • 立体動態波電流による治療
  • スポーツ鍼灸治療

【今後写真を挿入予定】