交通事故・むち打ちの治療

向日市・京都市・長岡京市の交通事故・むち打ち治療交通事故・むち打ちの治療内容はこちらをクリック!

向日市・京都市・長岡京市の交通事故・むち打ち治療

交通事故・むち打ちの症例

当院では交通事故・むち打ちに特化した治療をしているため、現在、向日市・長岡京市・京都市西京区・南区・下京区・中京区・大山崎町・亀岡市と広い範囲から交通事故の治療で来院されています。

症例① 50代女性(長岡京市・Tさん)

  • 自動車同士の事故、首と腰に痛みが出現、肩も上まで上がらない状態   

    初診時、首のむち打ち症・腰部捻挫のため、以下の症状が出ていました。

    • ①首の重だるさ
    • ②肩と背中のつまり・頭痛
    • ③吐き気・フワッとするめまい
    • ④右肩が上がらない(90度くらいまでしか上がらない)
    • ⑤腰の痛みで立っているのもつらい

    当初、首や肩の筋肉の緊張が強かったため、1週間は表面の緊張を取ることに専念しました。その後、表面の緊張も抜けてきたため、指圧治療・3D立体波治療・ストレッチで深部の鈍痛を中心に治療しています。

    現在、3週間ほど通院していただいた結果、①②③の症状がかなり改善され、④の右肩も120度くらいまで上がるようになりました。⑤腰痛も日によりますが安定してきております。

    また経過を更新してまいります。

症例② 40代女性(京都市西京区・Sさん)

  • バイクに乗っていて後ろから衝突される、右膝の骨折、首・肩・腰を強打した。

    膝の手術後、リハビリが打ち切りになり来院。

    • ①右膝があまり曲がらず歩くのも不自由
    • ②首・肩は可動域(動く範囲)がかなり制限され、動かすと痛みがでる。
    • ③神経も高ぶり、不眠・頭痛・気分が悪いなどの症状が出現。
    • ④足をかばって歩くため、きつい腰痛が出現。

    ①は病院でのリハビリ後でしたが、膝関節は90度以上曲がらなかったため、指圧治療・立体波治療・鍼灸治療で、膝を動かす筋肉の緊張を取りました。

    3週間ほど通院していただいて、膝の角度は100度まで曲がるようになり、歩く・階段の昇降がしやすくなった、痛みも当初の70%(自覚症状)ほどまで楽になった。

    ②③もまだ安定的ではないが楽な日も出てきている。④は天気により左右されるが少し痛みを感じる日が減ってきた。

    また経過を更新してまいります。

  • ただいま、他の症例もまとめております。今後、更新していきますのでしばらくお待ちください。